本物のうなぎ VS うな次郎!! 食べ比べ!!

たまにはうなぎを食べたい!

みなさんこんにちは、トコでございます。
だいぶ涼しくなりましたが、まだまだ残暑が厳しいこのごろ、いかがお過ごしでしょうか。

夏と言えば土用の丑に食べる、うなぎ。我が家ではコストの問題であまりうなぎが食卓に上がることはありませんが、私自身は結構うなぎの蒲焼が好きです。実家の近くにある川魚料理の店に年に数回、うなぎの蒲焼を食べに行きます。蒲焼、肝吸い、鯉のあらい、漬物には奈良漬け…こんなかんじの定食です。バランスがとれた味でおいしいんだなあ、これが。

ただやはり、稚魚の漁獲量が減り、絶滅危惧種に指定されてしまった今、うなぎは頻繁には食べられなくなり「手軽にうなぎが食べられたらなあ…」と感じています。

第二のカニカマ?うな次郎をご存知?

そこで最近話題なのが「うな次郎」という商品。皆さんご存知でしょうか?

「うな次郎」は一正蒲鉾株式会社という蒲鉾メーカーが開発した疑似うなぎ蒲焼です。魚のすり身でできており、見た目もそっくり。過去にブームとなったカニカマの再来!?ということで、第二のカニカマと呼ぶ人もいるようですね。テレビで取り上げられていた際にも食感がかなり似ていると話題になりました。

価格はふつうの蒲鉾と比べると少々割高ではありますが、本物のうなぎに比べるとかなり価格は抑えられているようです。

せっかくだから食べ比べてみよう!

たまたまスーパーに立ち寄ったところ、うな次郎が割引で少し安く売られていました。単品で試しても良かったのですが、せっかくですので今回は本物のうなぎと食べ比べてみることにしました。ただし、生活費が圧迫されるので国産のうなぎではなく中国産となりました…。でもまあ、逆に、価格帯が近いのでうな次郎のライバルというか比較対象してはいいかもしれませんが!というわけで食べ比べ、行ってみましょう!

まず、中国産のうなぎから

中国産のうなぎ。中国産といえども、うなぎはうなぎ、です。付属はうなぎのたれのみ。価格は一本分で800円ほどでした。

このフォルム。蒲焼の表面の飴色。厚み。皮の焦げた感じ…。やっぱりうなぎはいいですねえ。まだ見てるだけで食べてないですけど。

これが、うな次郎…!

うな次郎です。一パックの二切れ分入っていました。付属はうなぎのたれと山椒。

価格は一パック250円程度でここから3%引きでした。割引シールが哀愁を誘います…。思ったよりも見た目がうなぎの蒲焼ですねえ。

見た目の比較は…?

同じ大きさに切って比較してみます。左が本物の中国産うなぎ、右がうな次郎です。

うな次郎は身の部分に細かい切れ目といいますか「ひだ」が入っており、見た目もかなり似ています。蒲焼の飴色もきれいです。ところどころ色が濃くなっていて、遠巻きに見るとあまり見分けがつきません。また裏側の皮目も、そっくりとまでは言えませんがちゃんと表現されています。

これは丼やお重に乗っていたらもしや本物と見間違えてしまうのでは…?

肝心の味はどうか…?

肝心の味はどうかというと、…けっこういけるかも。たれの味に助けられている部分はあるものの、うなぎの風味、ふわふわの食感、皮目のくにゅっとした感じは本物のうなぎに似ていると感じました。一度蒸している関東風の蒲焼という感じなのですが、蒲焼というよりも白焼きの食感に近いです。付属の山椒をかけるとよりうなぎ感がでますね。

ただ、やはり本物うなぎと一緒に食べ比べると違いが分かってしまうくらいの味とも思いました。それでも250円程度で、疑似うな丼が楽しめるのはとてもうれしいですね。第二のカニカマと呼ばれる理由が分かった気がしました。

うな次郎のいいところ

うな次郎と本物のうなぎを食べ比べてみてよいなと感じたところ、一つ目はうなぎの嫌な臭みを感じなかったところです。今回食べたうなぎスーパーの製品、中国産というところで、やはり泥臭さ、生臭さを感じました。これがうな次郎にはないので、うなぎのこういう臭さが苦手な人でも食べられる点はよいと思いました。

二つ目はうなぎ独特の小骨がないことです。特に安いうなぎですと、この小骨が結構気になったりしますよね。お子さんやご老人にはこの小骨はつらいです。これを気にせず食べられる点も、魚のすり身で作られているうな次郎ならではのいいところでしょう。

三つ目は自明なことではありますが、手に入りやすいこと、手ごろな価格であること、です。絶滅危惧種の生物を食べるというのもなかなか罪な行いですよね…。うしろめたさを感じる人も少なくないと思います。そういう点で心を痛めず、懐も痛めず、ダブルにやさしいうな次郎、また食べてみたいと感じる製品でした。

食べ比べた結果、まとめ

  • うな次郎は意外とうなぎの食感や味に近かった!がやはりまだまだ…。
  • ただ、うな次郎にはうな次郎のよさがある!臭み・小骨がない!
  • 食べることに後ろめたさもなく、懐にも優しく、いろんな面でやさしい!

みなさんもスーパーで売っているのを見かけたら、試してみる価値はあるとおもいますよ!

グルメ

Posted by toco